貯金生活デビューに役立つ4つのポイントとは - 節約生活情報局~知ってお得な節約術~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯金生活デビューに役立つ4つのポイントとは

将来のためや欲しいものを購入するために、様々な方法で貯金を始めようとする方がどんどん増えています。

また、すでに貯金をしているといった方も少なくはないでしょう。

ですが、中には貯金生活を始めたものの失敗してしまったという経験をしている方もいるかと思います。

なぜ、失敗してしまったのか?

このページでは、

貯金生活デビューに役立つ4つのポイントとは

について紹介していきたいと思います。


行動する前に「貯金に対する心構え」を知っておくことで、成功への道が開けていきます。

money-rain-1013711_640.jpg

1、目的を決めよう



実は、目的や目標を決めずに貯金生活を始めてしまう方は意外とたくさんいます。

これでは、いつ「何のために?」といった疑問からやめてしまうかわかりませんよね?

そこで、最初に「貯金したお金は何に使うのか?」を決めてみましょう。

例えばですが、

・旅行に行くための資金
・欲しいゲームを買いたい
・車を買うための資金
・投資するための資金


など、人によって様々ですが、あなたも最初に「お金の使い道」をしっかりと決めるようにしましょう。


そもそも、失敗してしまう理由はモチベーションが維持できないことです。

そのため「楽しみ」や「わくわく」を感じるためにも、ゴールは決めておかなければ頑張ることなんてできません。


ただし、夢物語のような現実的ではない金額はやめておきましょう。

まずは、第一段階として「少し頑張れば達成できそうな金額」からスタートしてきましょう。

達成するたびに充実感と欲しいものが手に入るため、次は少し目標を高くしてもモチベーションも下がりにくくなるため頑張ることができます、

少しずつハードルを上げていき、徐々に金額を上げていくようにしましょう。


2、現時点での収支を把握する



とりあえず、ざっくりでいいので現時点でのあなたの収支を把握するようにしましょう。

貯金がなかなかできずに挫折してしまう方の中には、自分が毎月いくら使っているのかも把握することができていません。

何を削ることができ、なにが必要な支出だったのか?を把握していないと、どこから手を付けていいのかわかりませんからね。

『どこを節約するのか』
『効率よく無駄遣いをなくすためには?』

などを実際にメモに書き出していきましょう。

これは、頭の中で考えるよりも、視覚的に認識することができるため、今まで以上に把握することができるようになります。


3、ネット情報を活用する



たとえば、貯金や節約といっても様々な方法がありますよね?

光熱費や電気代、ガス代、水道代、スマホ代などがありますが、それぞれやり方は違ってきます。


そのとき、あなたが必要な情報をピンポイントで調べることができるのが、「インターネット」です。

ネットを使ってすでに自薦している方の節約術や貯金のコツなどを調べることができます。


すべてをマネする必要はありませんが、あなたの生活にも役に立ちそうな部分などは、自分流にアレンジするなりしてどんどん取り入れてみましょう。

1人では思いつかなかったようなアイディアや方法が満載ですので、ぜひ♪


4、人の成果は気にしない



ブログやホームページなどで情報収集していると、「1年間で10万円の貯金ができました」などの情報をめにすることもあると思います。

そこで、そのサイトに掲載されている貯金術を実践したとして、あなたが同じように貯金をすることができると思いますか?

答えは、NOです。


その理由は、そのサイトの運営者とあなたとでは生活環境が違うことはもちろん、家族構成だって同じとは限りません。

にも関わらず、同じ方法を実践しても同じように貯金ができるわけがないのです。


あなたにはあなたのリズムやペースがあります。

他人の成果を気にしすぎてしまうと、これもモチベーションの低下になりかねないため、あくまでも「参考」程度にとらえるようにしましょう。


まとめ



貯金を続けるのもなかなか至難の業。

多くの方が目標額に達する前にやめてしまっています。

まずは、貯金する習慣を身に付けることが大切です。


今回紹介した4つのポイントからでもいいですので、少しずつ取り組んでいくようにしましょう。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

こんにちは、節約はずうっとやってますが、そう言えば目的なくやってた気がします・・・。
やはり、きちんとした目的あってこそですね!

2016-08-04 19:31 | from ゆり

Re: No title

ゆりさんこんにちは。

目的がないとフッとした瞬間に節約をやめてしまうこともありますからね。

小さな目標でもいいので目的を決めた方が続きやすいのでお勧めです。

コメントありがとうございました。

2016-08-07 11:05 | from やっすん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。