FC2ブログ

トイレで出来る節約術は節水 - 節約生活情報局~知ってお得な節約術~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレで出来る節約術は節水

トイレは人間誰もが利用するもので、1回で大量の”水”を使用することになりますよね?

つまり、水を節約することができれば水道代を安くすることにも繋がってきます。

そこでこのページでは、

トイレで出来る節約術は節水

といった内容で紹介していきます。

toilet-513045_640.jpg


タンクの中にペットボトルを入れる



一番有名な方法が、タンクの中にペットボトルを入れる方法になります。

が、この方法には少しデメリットがあることはご存知でしょうか?

固定しないペットボトルの場合、タンク内部の部品にぶつかったり、詰まったりして動作障害を引き起こす危険性があるのです!

ペットボトルを入れた節約術を実践するのなら、しっかりと固定しておくようにしましょう。


「大」「小」のレバーを使い分ける



トイレで水を流す場合「大」と「小」を使い分けることでも節水することができます。

1回当たりの使用量ですが、

・大なら約8L
・小なら約6L

となっているため、小をメインに利用するだけでも効率よく節水することができます。

つまり、小で流せるような場合はできるだけ小を利用していくようにしましょう。


節水グッズを使用してみる



トイレの種類によっては、一度レバーを引いてしまうとタンクの水をすべて流してしまうタイプもあります。

そんなときに、「ウォーターセーバー」という節水アイテムを使うことで、レバーを引いたときだけ水が流れ出るようにすることが可能になります。

自分のタイミングで水の量を調節することができるため、かなり効率的になります。


まとめ



毎日使用するものほど、コツコツできることを積み重ねることで大きな節約に繋がっていきます。

トイレは、誰もが必ず複数回使用するものですので、ここで水道代を節約することも。


ノーリスクですぐに実践できる方法としては、「大」と「小」を使い分けることですね。

これなら便利グッズを購入しなくても実践することができるため、ぜひお試しください。


また、トイレのタンク内にペットボトルを入れて量の調節をしている方は、しっかりと固定するようにしましょう。

節約のつもりが、内部の部品を壊して修理することになったら余計な出費になってしまいますからね(--〆)

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。