節約を続けるためには「目標」よりもその「過程」が重要 - 節約生活情報局~知ってお得な節約術~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節約を続けるためには「目標」よりもその「過程」が重要

いきなりですが、「あなたは何のために節約をしていますか?」

・将来が不安だから
・家を買いたい
・旅行に行きたい

など、人によって理由は様々ですが、中でも多いのが「将来が不安だから」といった理由からでしょう。

ですが、こうした理由で始める節約は長続きすることができないのです。

このページでは、

節約を続けるためには「目標」よりもその「過程」が重要

といった内容で紹介していきます。


曖昧な目標では成功することはできません。

まずは、目標を達成するための過程を考えることからスタートしていきましょう。


labyrinth-1015638_640.jpg

まずは目標から決めてみる



節約を始める・興味があるという方は、それぞれいろいろな理由があるからこそ取り組んでいこうとしているはず。

まずは、節約生活を続けていくためにも「明確な目標」を立てることから始めてみましょう。

例えばですが、あなたが行楽施設が大好きだった場合、「節約をするのだから、このような場所でお金を使わない」といったのではお金は確かに貯まっていきますが、楽しみや気分転換をすることが減ってしまいます。


そこで、少し考え方を変えてみましょう。

まず、1年で10万円を貯金するために節約をスタートするとしましょう。

そして実際に10万円を貯めることができたら、2~3万円は自分の趣味に使用するといった目標を立てます。


このようにアメとムチを上手に使い分けることで節約を続けていくことができるようになります。

ガマンだけではストレスも溜まってしまいますので、しっかりとご褒美も用意していきましょう。


目標があいまいだと過程も不安定なものに



しっかりとした目標を決めたら、後はどうやって支出を減らしていくのかを決めていきます。

しかも、楽しみ・ご褒美を用意していれば、その他の支出を減らすことにもそこまでストレスがかかることなく過程を組み立てていくことができますからね。


ただし、漠然とした目標では過程もあったものではありません。

「将来が不安だから今から少しつづ貯めていきたい」

これではいくら貯金をしたいのか?といった明確な目標にはなりません。

そのため挫折する可能性も高くなってしまいます。


このような場合は、「今年中に10万円を貯金するにはどうすればいいのか?」を考えるようにしましょう。

ゴールが見えていれば、後はその道筋を考えて進んでいくことができますからね。


まとめ



節約といっても、「誰もが続けることができる」ということはなく、多くの方が途中で挫折してしまいます。

その理由は、目標を立てた後の行動、つまり「過程」がしっかりと出来ていないからです。


まずは、あなたが節約をする理由をしっかりと考えて、それを達成するために道筋を決めるようにしましょう。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。