乾電池を上手に利用する節約術 - 節約生活情報局~知ってお得な節約術~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾電池を上手に利用する節約術

時計やリモコンなど、小さいながらもあちことで大活躍するのが乾電池ですね。

乾電池は、消耗品ですので利用することが多ければそれだけ多くの金額のなってしまうため、上手に節約することができれば電池代を節約することにつなげることができます。

このページでは、

乾電池を上手に利用する節約術

について紹介していきます。

piggy-bank-1019758_640.jpg

使わないときは電池を抜いておく



乾電池は、基本的には一度入れたら入れっぱなしというものですが、実は入れている状態のときは「待機電力」というものが発生しています。

そのため、使わない状態が続いたとしても知らず知らずのうちに、電力が消費されていっています。


よくあるケースだと、「クーラーのリモコン」ですね。

冬しか利用することがないのに、夏場も電池を入れっぱなしというのはあまり好ましい状態ではありません。

長期間使用しない場合は、乾電池は抜いておくようにしましょう。


また、電池を入れっぱなし状態にしていると、「水酸化カリウム」が付着してしまう可能性もあります。

こういった事態を避けるためにも、しばらく使わない!という場合は必ず外しておくようにしましょう。


充電池を使って節約



充電池」というものをご存知でしょうか?

充電することで何回でも使用することができるし、充電にかかる電気代も安いため、電池代金だけで考えてみれば大幅な節約にすることができます。


ただし、充電池本体は通常の電池よりもお値段が高いです・・・

それでも長期的に見てみれば節約になるので、ぜひお試しください。


まとめ



乾電池は、日常生活のなかで様々な場面で活躍するアイテムです。

だからこそ、小まめに節約していくことが大切です。


今回紹介した方法は、簡単ですぐに実践することができる方法もありますので、できそうなところから始めてみましょう。

節約はコツコツと続けていくことで効果を発揮します。

頑張って続けていきましょう!

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。